2010年01月21日

民主「情報漏洩対策チーム」を野党が猛批判 「報道の自由を侵害」(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件をめぐり、民主党が「捜査情報の漏洩問題対策チーム」の発足させたことに対し、自民党など野党は「言論・報道の自由を侵害する」と猛反発している。

 自民党の谷川秀善参院幹事長は19日の記者会見で、対策チームについて「あきれている。国会議員はそんなに偉いのか。本来は『反省する会』を作るべきだが、『隠蔽(いんぺい)する会』『圧力をかける会』じゃないか。大政翼賛会のようだ」と批判。「小沢氏は公人であり、政権与党の幹事長なのだから検察が話が聞きたいというならば行くべきだ。『何様と思っているんだ』という気持ちだ」と述べた。

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は19日の衆院本会議代表質問で「政府機関たる検察当局に対し、与党・民主党全体が圧力をかけるごとき印象を与えるのは尋常なことではない」と批判した。

 民主党は18日、党役員会と常任幹事会で対策チームの設置を決めた。責任者は小川敏夫広報委員長。奥村展三総務委員長は「検察から情報漏洩が本当にあるのか、法的にどうなのかなどを調べる」と説明した。

【関連記事】
鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」
子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判
自民・石破氏「米側は普天間移設で鳩山政権に強い懸念」
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
東国原知事「不信感増長させた。小沢氏は国民に広く説明せよ」

野口さん、アーム初操作=「地上訓練とそっくり」(時事通信)
オードリー春日さん骨折(時事通信)
民主党大会が午後開幕=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
海自撤収「国益損なう」=自民(時事通信)
部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
posted by テラオカ コウイチ at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。